無料ブログはココログ

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月31日 (日)

火はどこにある?

法規講習会二日目~^^

内装制限、防火・耐火、防火区画

耐火構造耐火性能
耐火構造ー準耐火性能

上記は外か屋内える。
(令107条、107条の2 それぞれ1項:非損傷性、2項:遮熱性、3項:屋外への遮炎性)


防火構造ー防火性能
こっちは外からぐ。

(令108条 ・・・周囲において発生する通常の火災・・・)


どこの火に対することがわかっていると
問題コード23084もすぐわかるよね、とアリさん。


23084
防火区画における床及び壁は,耐火構造,準耐火構造又は防火構造としなければならない.

解答×

解説にもあるように、「防火性能」は建物周囲に発生する火災が対象だから・・・
防火区画は建物内部の火災の対策だから防火性能は関係ない。



内装制限も防火区画もしっかり復習して、
ザルからザァーザァー落ちていく記憶の点と点をつなぎとめて体系的に理解しなきゃ^^;;;

2013年3月30日 (土)

建築制限と法51条

法規講習会1日目参加~~^^

建築制限、容積率、建蔽率、高さ制限。

とりあえず苦手意識はない分野なのですが・・・・
が!
こういうのにかぎってぽろっと落として「あ~やっちゃった~もったいない!」となる。(←こういうことやってるからダメなんだよね!)

だから、必死で真剣に講義を聞く!

で、
今日の講習会、

建築制限といえば
法別表2
建築できる、できない、や政令に飛んで規模チェックなどなど。

ただ、「卸売市場等は法別表2を見てもどこにも出てきませんよ~!」とアリさんの言葉に??ヤバっ、意識したことなかった!なに?なに?と。

法51条(卸売市場等の位置)と建築制限を関連付けた視点に立ったことなかった^^;;;


問題コード04033
都市計画区域内における都市計画において敷地の位置が決定していない延べ面積1,000㎡の卸売市場を工業地域内に新築する場合,特定行政庁の許可を必要としない.

解答×


この問題文を読んで法別表2の工業地域(る)欄やその前後を見ても出てこない。
卸売市場等々の建築物が出てきたら法51条を意識して、そこから政令に飛んでチェック!

2013年3月16日 (土)

過去問題で取れたはず

カエルさんのブログ 拝見してて、「目次は戦略」と。


で、
カエルノートRossa版(ただのオリジナルノートです、はい)に、ちゃんと目次をつけようと、
そのページに、
H24で落とした問題を列記してみた。
その横に過去問ベースか、新問系かを記入。
この過去問ベースか新問かの区別は合格物語のWeb講義の公開資料 を参照。

書き出してみてあらためて
過去問をちゃんとおさえておくことの重要さを認識して、
目次ページに書くことで(毎日見ることで)やるべきことが明確になって、意識づけにもなる^^。
pencil

それと、正答率も書いたら・・・50%超の問題をぼろぼろ落としてることがくっきり。
(←う~、なさけない^^;;;)

あとは、自分なりの戦略も追記しよう~
clip

20130315_234833

2013年3月 9日 (土)

文章を絵にする、絵を文章にする

理解しづらいものを、絵を描いてみた、逆に絵を文章にしてみる。

たとえば、令77条、鉄筋コンクリートの柱の絵を書いていくと・・・・
構造文章や施工問題にもつながったり、
設備の空調の絵を自分の言葉で文章に(書かなくてもイメージにするとか)してみる。


手元にある市販の印刷されたテキストを見て確認するより
自分の手で書くと理解がすすむ。

まっくすさんの実践編がここ 、さすがです。sign03

2013年3月 8日 (金)

勉強リズム

法事で4日間自宅を離れる。

いつもの勉強ペースではなくなるとき、
勉強できない環境に焦ったり・・・・。

持っていく勉強道具も限られたり、環境も違うところで、
どんな風にやろうか考えて、

あいまい分野をやると、理解できてないことに焦るから、

大枠理解してることを「繰り返す」ことで厚みのある定着につなげることにしよう~^^。

日曜日の講習会、参加できず残念だけど、
気持ち切り替えてがんばろ~っ
pencilsign01

2013年3月 6日 (水)

音声2倍速

事務所登録の更新手続(士法23条3項)と、
区役所2か所を調査で回っていたので、
移動中の電車は音声~~。

日常、音声は、アサカツでやった部分を通勤時に聴いていて、

数時間前にやってた部分なので定着させるにはなかなかよいです。


今日の移動中、ちょっと2倍速で聴いてみようかと試してみたら・・・。

うん、うん、聞けるじゃん^^;

みんなはとっくに2倍速か?^^;;

いいんです!(カビラ&nobutaさん風)

自分流で。

慣れた分野は、2倍速で聞いてみよう。




[法規]

事務所登録の更新手続(士法23条3項)

→規則18条 有効期間満了の日30日までに提出



以前に勤めていた事務所でこれを逃して、登録のし直し。
登録番号が変わって大変でした。

2013年3月 5日 (火)

固有周期

構造

固有周期、

力学計算問題では
T=2π√m/k


建築物の設計用一次固有周期となると
T=h(0.02+0.01α)


??同じ固有周期Tなのに式が違う。なんで?
深追いは禁物だけど、素朴な疑問として構造設計の人に聞いてみた。

T=2π√m/kは、理論式。建築に限らず、振動の世界の純粋な数式。

T=h(0.02+0.01α)は、建築基準法の告示(Rtの定義、告示1793号)で決められた略算式。
建築物の周期出すときにしか使わない。


ほ~~、ちょっとすっきり。
建築物の」ってのがまさにそのことかぁ~。
で、
構造文章問題で、


04085
建築物の固有周期は、剛性が同じであれば、重量が大きいほど長い。

T=2π√m/kの式から、
m:質量、k:バネ定数(剛性)

Kが同じなら、mが分子にあるからmが大きいほどTは長くなる。

解答:○



15205
建築物の耐震設計に関して、建築物の一次固有周期は、同じ構造形式の場合、一般に建築物の高さが高いほど長くなる。


T=h(0.02+0.01α)
h(建物高さ)はTに比例してる。

解答:○


TはRtとも絡むので、そちらも要チェック~~。

2013年3月 3日 (日)

同意、許可

法規

「・・・・建築審査会の
同意を得て許可したもの・・・この限りでない」

問題文で、同意がいるいらないとか、意見の聴取がいる、いらないを問われたりする。(1318、17134、12122ほか)

建築審査会の同意
特定行政庁の許可

利害関係者の意見の聴取

この三つを整理してみた。

(関連条文の列記は、資格学校のテキストに載ってたのでそれをチェック。一応著作権がらみあるのでここに載せるのは控えておきます^^;;)

で、
ほとんど同意と許可はセットになってるけど、
同意だけ
許可だけ(同意不要)
聴取あり
ってのがいくつかあって


[同意だけ]

・法第3条1項3号、4号(文化財)

・法42条6項(2項の幅1.8m未満の指定、3項の水平距離の指定)

・法68条の7第2項(予定道路の指定)

この「同意だけ」ってのは
文化財は別として、
「特定行政庁が・・・指定する場合・・・」とあって、
自分(特定行政庁)が自分に許可出すってないから、とRossa
解釈。



[許可だけ(同意不要)]

・仮設建築物の許可(法85条第3項、、5項)

「仮設」だから同意までいらないんじゃない?(←Rossa解釈)


[同意・聴取]

・壁面線の指定(法46条1項)


[同意・許可・聴取]

・用途地域(法48条1項~13項)


番外編
卸売市場等の許可(法51条)は、同意不要だが都市計画審の議を経る。


法令集をできるだけ引かないためにも全体を眺めて特殊なもの(仮設は同意なしとか)をチェック。

2013年3月 2日 (土)

高齢者施設

計画で出題される高齢者施設。

名称が似ていていつも「あ~、どっちだっけ?」となるものを整理してみた。

介護老人
福祉施設と介護老人保健施設。

福祉」と「保健」の2文字が違うだけなんだけど、

根拠法律も違うから居室(療養室、病室)の面積の基準も違う。

わかりやすく表になってるのがこれ



介護老人福祉施設・・・老人福祉法
  居室:10.65㎡以上
  常時介護必要。入所。入浴、食事提供。



介護老人保健施設・・・介護保険法(←オレンジ本横型には載ってない)
  療養室:8㎡以上
  病院での治療後、在宅復帰への中間施設。リハビリなど。


介護療養型医療施設・・・医療法
  病室:6.4㎡以上
  要介護者の治療・療養施設。

法規の問題でも、たまに出てくるので、老人福祉法と医療法も法令集を一緒にチェック
sign01pencil


 
 

2013年3月 1日 (金)

空気の質を整える

空調とは「空気の質を整えることなんですよ」

先日の設備講習会での講師の言葉です。

AHUの模式図とか、冷凍機の仕組みの略図を見ただけで、

ウワァ~~わけわかんな~いと拒絶反応でしたが、

仕組みや水の状態変化を理解すると、なんかちょっと嫌じゃなくなってきた^^。

音声を聞いていて、図のどの部分のこと言ってるのかイメージにつながってくると、ちょっといい感じ^^。


「空気の質を整えることなんですよ」っておっしゃたのは、

設備を「機械、器機」と思わないで、何をするためのものか意識してください、と言うメッセージだった気がします。

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »