無料ブログはココログ

« 模試 | トップページ | あぶりだし~^^ »

2014年4月22日 (火)

模試の効用 時間追体験

模試は本番の時間配分を追体験できるってのもよい。

計画・環境の後、昼休憩。
この時に終わったばかりの
計画・環境の結果をぐずぐず引きずらない!
ふりかえらない!
感触が悪かったとか、あの問題の答は?などなど、
そんなこと考えずにスパっと切り替えて、
つぎの法規にそなえてちゃんと休憩をとる。

法規は、
昨年の本番同様、
まず法令集を引かずに一気に最後まで解く。
あいまいなのはマークをつけておいて後で法令集をひく。
こうすれば時間が足りず最後手を付けられなかった問題を見ることもできなかったということが避けられる。
一気に解いたあとは、マークをつけたものを法令集を引いて見直す。
ん~、全部は見直せなかった。

法規が終わって短い休憩のあと、
最後の構造・施工。
法規でがぁーっとエネルギーを使って、
それでも気持ちの上では集中してると思っていても
実際はかなりの疲労状態。
問題文を読んでいて急にふーっと意識がとんで
ちゃんと内容を読めてなくて何を問われてるのか、
どのジャンルのこと言ってるのかわからなくなる^^;;;


この「時間環境」の追体験が、
時間配分、
からだのコントロール、
集中力の維持の方法、など
自分なりの対策を考える機会になりました。




 

« 模試 | トップページ | あぶりだし~^^ »

コメント

頭も体も味方につけて
頑張って下さい p( ̄ー ̄;

時間の区切り。。。
私も出来てないですσ(^_^;)

本当に 一回の模試から
いろいろ学ばされるんですね(^ω^)
参考に致します〜( ´ ▽ ` )ノ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/590638/59509451

この記事へのトラックバック一覧です: 模試の効用 時間追体験:

« 模試 | トップページ | あぶりだし~^^ »