無料ブログはココログ

« 2015年7月 | トップページ

2015年8月

2015年8月 4日 (火)

テッパン問題、すべる

H27環境設備、№1

作用温度(OT)→湿度関係ない!

過去問まんま。

これを落とした。

試験当日の思考を振り返る。

枝1
長めの文章。ちょっと見慣れない言い回しを一語一語丁寧の読んでる形跡。
○かどうかわからないが次の枝へ読み進める。

枝2
作用温度→知ってる。「湿度」にもアンダーライン引いてるが、なぜか○(正しい)としてる。
さらっと読んでいるのか?

枝3
光速発散度→あいまいさ故にグラついて、これに引っ張られてる。

枝4
個体伝搬音。聞きなれないが、まあOKそうな感じ。



作用温度(OT)
知ってる」は語句を「知ってる」だけであって理解はしてない。

1対1対応で、

「作用温度、湿度関係ない」

「OT=気温×MRT(平均放射温度)/2」

式は知っててもアウトプットで使えてない。


きのう、ネットで改めて作用温度(OT)で検索しると、
ピパーチさんの記事がヒット。ここ 
そこから飛んでいくサイトもわかりやすい。
作用温度とMRTの関係。


作用温度って体感温度のことで、(体感温度って言葉だとイメージしやすいですよね)

自分の周りの温度(MRT)と関係する。

自分のノートにそれぞれの式は書いてある、

それぞれ関係してることはそのノートでもわかるが、

体系的な理解につながってない、
アウトプットで使えてない。


本番で作用温度の式を書き出していれば、スルーすることは避けられた可能性は高いはず。

過去問まんま問題は、
字ずらで瞬殺できればそれが一番簡単だけど、
各科目全部覚えてるわけじゃなし、
本番で4枝並んだ時に他の枝との絡みでグラついたてスルーしたり。

まずは、本試験の環境設備から検証。

上記のようなことが他にもごろごろしてるんだろうな~。



1月からやっていた、自分模試も検証が終わったら再開して、


問題を解くときには、
○(×)は何をもって○(×)なのかを自分の手で「書き出して(アウトプット)」進めよう。





« 2015年7月 | トップページ